アニメーター向け おすすめ教科書
  「The Human Figure in Motion」と「Animals in Motion」は一生使う参考書なので、これを一番先に買っておくといいと思います。

クロッキー用写真集とデッサン書、美術書、技法書は、よいものが一冊あればこれも一生使えますから、いくつか新人のときに買っておきましょう。

ダイナミック・シリーズは原画で画力不足を感じたときによい教科書です。新人のときは無理して買わないでいいです。

「アニメーションの基礎知識大百科」は業界標準の用語集です。アニメーターに必須の知識を図解してあるので、すこしずつものにして、最終的にはすべて理解しておいてください。

絵コンテ集も原画を描くなら1冊買って読んでみることをオススメします。アニメーションは絵コンテにすべての情報が書かれていますから、読むとアニメーションの作り方がわかってきます。

 おすすめ教科書 ・ 技法書    演出 ・ 絵コンテ ・ シナリオ
 アニメ原画集 ・ アニメーターの著書    制作 ・ 仕上
 アニメ作品 設定資料集    背景美術 ・ デジタル背景
   デザイン用の資料本
     

 アニメーター向け  おすすめ教科書 ・ 技法書

増補 アニメーターズ
サバイバルキット




アニメーターにとってはバイブルになると思います。
非常に優秀なアニメーターが作画のじっさいについて絵で説明した本です。仕事で必要なノウハウも満載。
動かすためになぜ画力が必要なのか、反論の余地のない説明が読めます。プロに向けて書かれており、アマチュア向きではありません。 
 
アニメーションの基礎知識大百科



業界標準のアニメーション用語集です。オールカラー。
新人アニメーター向けに書かれた本で、アニメーターなら最低限知っていなければならない用語と技術的な知識を、業界トップクラスにヒアリンクし、すべて説明してあります。
商業アニメーション業界を目指す人にはこの本を最初におすすめします。 
   書評はこちら

  YouTubeで中身を見る
 
韓国語版





The Human Figure in Motion

人間の動き分解写真集



廉価版(ペーパーバック)もありますが、一生使えるので丈夫なハードカバーをおすすめします。コンプリート版(3冊で2万くらい)まではいらないでしょう。
動画なりたてのときから、何度も何度もこの本を見ながら描いてください。動きをおぼえるのに非常に有効です。
 
Animals in Motion

動物の動き分解写真集



The Human Figure in Motion同様に、一生使える資料です。
 
アニメーションの本―
動く絵を描く基礎知識と作画の実際




原画の基本を学びたい人向け。新人原画に特におすすめ。原画を描くとき最低限の基本を教えてくれる本です。執筆者は天才と言われている先輩アニメーターたちです。

 技法書 美術書
やさしい人物画



Amazonで買えるルーミス先生の本。
絵の描き方を論理的に教えてくれる、とてもよい本です。ルーミス先生の本をどれか1冊というときには、この本を一番におすすめします。

この本の中でルーミス先生は「言っていることがわからなければ、ほかの本でパースの勉強をしよう」と書いておられます。その「ほかの本」が「初めてのイラスト教室」になります。
 
やさしい顔と手の描き方



とてもよい教科書です。「やさしい人物画」の次に買う感じですね。
 
イラスト教室となっていますが、ルーミス先生の本の中では、パースに重点を置いた本です。本の左下にあるように、パースに合わせた人物の描き方、プロの絵描きに必須の知識を教えてくれる、とてもよい本です。
中古のみですいし、いきなり少し難解なので、やさしい人物画の次に買いましょう。
アニメーターはどんな絵を描けばいいのか? この本のような絵です。これが動かすための絵です。
. この本は多少アメリカ的ですが、スタイルを別にしてこのような人体のとらえ方ができれば最高です。
中身はこちらで見ることができます

日本語版もあります
リズムとフォース
躍動感あるドローイングの描き方
   
人体のデッサン技法



初心者またはアマチュア向けです。
あまり絵を描いたことのない人の入門書に適しています。やさしくていねいに絵の勉強のしかたを教える本です。
プロとして就職する人には、もう少し上級のルーミス先生をおすすめします。

とはいえ、プロでもうっかり忘れていたことを思い出させてくれるヒントもたくさんあり、一読の価値があると思いますよ。
 
グレン・ビルプの
ドローイングマニュアル




プロ向けです。
ドローイングに関しては最高の教科書ではないでしょうか。圧倒的な画力で、ていねいに順を追ってドローイングの考え方と描き方を教えてくれます。
内容紹介は以下、前書きを引用します。
【アニメーションスタジオに面接に行くならば、面接官に好印象を持ってもらいたいでしょう。担当者は、アニメーション業界に伝わる伝統的な手法、グレン・ビルプの教えを学んだかどうか、その痕跡をポートフォリオで確認します。これは本当のことです。大手のアニメーションスタジオには必ず、グレンの教材セットが揃っています】
   
アトリエのドローイング
古典に学ぶリアリズム絵画の基本技法



ジュリエット・アリスティデス(著)
プロ向けです。
この本のなにがよいかというとふんだんに使われている図版の絵が圧倒的に上手いことです。見ているだけで楽しい。そしてどちらかといえば理論を学ぶ本ですが、絵描きが感じていることを明確に言葉で説明してくれていて、読むだけでも価値ある本です。

仕事で絵を描く人向きです。

「帯にはこれを学べば誰にでも描けます」とありますが、そんなことがあろうはずもないことは、本を開いてみればわかります(^^)
   
ドローイングレッスン
古典に学ぶリアリズム表現法



ジュリエット・アリスティデス(著)
←左の本の前に書かれた本です。読んで楽しいのはおなじですが、買うなら左の本のほうがわかりやすくておすすめです。
スカルプターのための美術解剖学
Anatomy For Sculptors日本語版




美術解剖学の本は一冊は持っていないと困ることがあります。(見なくても描ける人は別)

いろいろな本がありますが、この本が一番よいと思います。知りたいことが的確に無駄なく説明されており、図版もカラーで見やすいです。絵が線画でくっきりしているところもわかりやい。
絵が上手いというタイプの本ではなく、人物写真と明快な図解で説明してある本です。
価格の元は充分取れる本だと思います。
 
ソッカの美術解剖学ノート



絵が上手くて今風なので、とっつきやすそうに見えると思います。
ただこの本はどちらかというとマンガ的な読み物です。おもしろいですし、解剖学もていねいに説明されているのですが、どこに必要な部分の図説があるか、それを探すのに苦労します。

解剖学に絞って学びたいなら
←左の本がおすすめです。

そしてこの本は厚さ37ミリ、1.5キロ、7370円という、手元において気軽に開ける本ではありません。
ただし、よくこれだけの内容の本を描き切ったという点では、7370円は極めて安いと思います。
参考書として使うには重すぎ(物理的な重さが)ますが、読んで楽しい本です。会社で買ってほしいですよね。
アーティストのための美術解剖学



説明がやさしくてよいと思います。
ただ若干ドローイング系の描き方なので、くっきりスッキリ形を知りたい、という人は「スカルプターのための・・」がよいと思います。
CalArts(カルアーツ)で教えているそうなので、きっとわかりやすい講義をなさるのだと思います。
ダイナミックシリーズは、どれか一冊買うならこれがおすすめ。
絵の勉強には非常に効果のある本です。

ターザンの絵なので、とっつきにくい感じがするかもしれませんが、論理的で形が明確な分、模写に適しています。
 
 

【ダイナミックシリーズについて】

中身の載っているサイトがありますので、まずはこちらをみてください。

Dynamic Figure Drawing 全身
Drawing Dynamic Hands 手足
Dynamic Anatomy 解剖
Drawing the Human Head 頭部
Dynamic Light and Shae 光と影
Dynamic Wrinkles and Drapery服のしわ

シリーズでありますが全部買わなくていいです。とりあえずDynamic Figure Drawing だけでいいです。余裕があれば次にDrawing Dynamic Hands をおすすめします。

プロにはハードカバーをおすすめします。模写練習にはハードカバーのほうが使いやすいです。

あまり絵を描いたことのない人にはむずかしい本ですから、それなりに絵が描ける人向きです。
原画向き。プロなら絶対役に立ちます。
絵を突き詰める必要のないアマチュアにはしんどすぎる本です。

ダイナミックシリーズ
手と足。デッサン書です。とてもよい本です。この本の全模写をすれば、かなり手が描きやすくなります。
手の描き方をおぼえたいなら、これが一番よい本だと思います。超おすすめ。
 
ダイナミックシリーズ
頭部を集中的に勉強したいときの教科書。
 
ダイナミックシリーズ
解剖学となっていますが、ドローイングの教科書と考えてよいと思います。
動物画の勉強にはこの本を一番にオススメします。動物の体を上手にブロックで分けて描く方法が身に付きます。
動物の描き方がわかるうえ、絵もうまくなって一石二鳥。アニメーターはだいたい持っています。
 
初心者向け。
Jack Hamm先生の本なので説明が親切です。ただし絵は初心者向けなので、内容的には左で紹介した「動物画の描き方」の補足版として使うといいでしょう。
 
動物の筋肉と骨格が見やすく載っています。ペーパーバック本で安いですがよい一冊です。動物解剖図本は一冊あると便利です。
パース本について

国内で入手できる限りの本を集めましたが、パースの技法書には決定版が存在しません。

初心者の入門書としては「初めて学ぶ遠近法」をおすすめします。
パースを追求したいプロには「パース!―マンガでわかる遠近法」でよいと思います。プロが技術を学ぶには、著者に有無を言わせぬ画力が必要ですしね。

しかし、その中間の本がない。ひととおりのパースが説明されていて、かつ絵が上手い本がありません。
誰か絵が上手い人が決定版を描いてくれないものか。


初心者向け。
パースの入門書としてはまずこれがよいと思います。
絵を描くことに重点をおいているため、ほとんど定規を使っていません。基本的に本一冊模写して練習する本です。それでパースの基本がおおむね学べます。3日で終わるので、つらすぎないところが特にいいです。
プロの絵描きにもおすすめできる絵の上手さ。

プロにとっての問題は3点透視までは説明されていないこと。あくまで入門書として使ってください。
 



じっさいには円はこのように見えるはず、という一歩進めた応用編。パースを追求してみたい人向け。
とてもおもしろい本ですが、初心者には意味不明のむずかしさ。
新人は「初めて学ぶ遠近法」で基礎を学び、その次に仕事でパースを追求する必要性を感じたときこれをどうぞ。
ほぼすべての疑問に答えてくれます。

Amazonで中身が見られます。
 
パース!2: マンガでわかる
もっとディープな遠近法




←左の「1」がすでにけっこうディープなので、まず「1」を買って、あるていど理解できるプロが、この「2」に取りかかってください。
カゲのつけ方、広角、魚眼まで説明されています。
日本人にはとっつきづらいタイプの絵ですが、上手いです。
プロにとっての技法書は、内容が正しいことはもとより、上手い絵であることも絶対条件です。
なぜなら、下手な絵をまねして描いていると、自分の絵まで下手になってしまうからです。

下記の2冊は、初心者用の入門書として悪くありません。ただし、パースがついた楕円の描き方ではどちらも苦労しています。
アニメーターは通常、パースのついた楕円を描く簡易技法を使います。ただ絶対に正確なのかと言われると、絵として問題がないていどに正確、という感じでしょうか。
しかしこれがCLIP STUDIOのパース定規を使うとメッチャ気楽に描けるのです。パースに合った楕円しか描けないようになっているからです

またどちらの本も自由な形のマンガのコマ、またはキャンバスに、1枚絵を描くためのパースとなります。
つまり、いったんカメラで撮った写真を、トリミングしたパースですね。

しかしアニメーターや3DCGクリエイターは、カメラで撮影した画面を描かねばなりません。
絵としてのパースに、カメラで撮るとどうなるかという決まりが加わります。
このあたりは、映像の絵描きでないと意味不明でしょう。
絵としてのパースが理解できたら、映像パースの決まりは先輩アニメーターに教えてもらってください。

とはいえ、基礎になるのは絵としてのパースで問題ないです。アニメでも作品によってはそこまで気にしませんから。
   
パース塾―画力がメキメキUPする!



パースのハウツー本として初心者向け。
絵を描くことよりも、用語など知識を得るのに適しています。パースの基本的な疑問に答えてくれるます。
ただしパースと画力には直接の関係はないので、画力がメキメキUPしたりはしません。
画力のある人がパースを学ぶと、パワーアップするだけです。


よくまとまっていて、いま現在、この本が一番初心者向けにはよいのではないかと思います。
 
なぞってマスター! パース練習帳!



建築物や室内を、じっさいに絵を描く順番に沿って多数の図版を使用し、まんべんなくわかりやすく説明しています。

しかし、人物を風景や室内に配置する透視図法についてはほぼ説明がありません。著者がインテリアパースの方なので、インテリアのパース練習には適しています。
 
エフェクト表現の物理学
爆発+液体+炎+煙+魔法を描く
イラストからアニメまで




 
特殊効果アニメーションの世界
エレメンタルマジック 第2版




火、水、煙といった自然界に存在するエレメント、ティーポット、布地などの人工物、魔法や妖精の粉などの超自然の存在をアニメーションならではの表現で描くための基本とその理論を詳細に解説

エフェクトの考え方を学ぶのによい本です。
しかし、わかりやすいかといえば微妙。待望の日本語版ではありますが、5400円は高い。

Amazonで中身が少し見られるので、趣味に合う方は買ってもいいでしょう。
 

アニメーション・イラスト入門
いきいきしたキャラクターを描こう!
日本語版





※イラスト入門の本ではありません。
 なぜここまで内容と合わない書名にしたのかわかりません。

アニメーターの教科書として定番の、コンパクトな本。初心者は一度模写してみて損はありません。

ストレッチ&スクワッシュ、テイク、アンチ、などアニメーションの基本的な表現が学べます。
トム&ジェリーのような動きですから、日本のアニメーションではちょっと抑えめに使うとよい、と巨匠が教えてくれました。
 
左の本の原語版。

Amazonで中身が見られます。

とても古い本ですが、アニメーションの基本はこのときすでに確立されており、学ぶべき基礎は多いです。

またキャラクターを立体的に描く方法は、いちど模写練習しておくと役立ちます。
絵がシンプルですし、厚い本ではないので、たいして時間がかからない点もおすすめです。


原語版のほうが安い。
 
アニメーターなら一読の価値あり。ディズニーのアクションが単純なロトスコープなどではないことがわかります。

おすすめですが、この本は分厚くて重く価格も高い。1社に1冊、作画部の本棚に置いてほしい本です。
どう描けばどう動いて見えるのか、という動きの秘密がわかります。
絵の表現は日本のアニメ向きではないのですが、動きに関して非常に多くの基本が学べます。アニメーターにとって必須の知識をコンパクトにまとめてあります。
一読をお勧めしたい。

アニメーター以外でアニメーションを学ぼうとする他職種の方々のための動きの入門書としてもおすすめの本です。
 
いい本です。おもしろい。
でも左の「アニメーションのタイミング技法」のほうがコンパクトで内藤が濃いと思いますから、その次に趣味で買ってもいい本です。
 
トム・バンクロフトが教える
キャラクターに生命を与える技術



この本、いいんじゃないでしょうか。
日本語版ですし。
あとで買って読んでみるメモとして置いておきます。
この本も、アニメーションの教科書として、
とてもよい本です。
 
絵が古いと思うかもしれませんが、なぜか表紙がそんな感じになっているだけです。
ドン・ブルースは非常に絵もうまい天才アニメーターです。
 
エリック・ゴールドバーグ著
読んでみたいので、メモしておきます。
新人から原画まで。よくまとまった本です。
 
仕上現場のプロによると、仕上のテキストとしてはこの本が一番わかりやすいそうです。
 

瞬間連写アクションポーズ
立ち回り・スタント・アクロバット




いわゆる「カッコイイ」ポーズの練習によいと思います。模写していくと楽しいですよ。

シリーズがたくさんあります。
 
Art Models 4



このシリーズはAmazonで中身が見られます。好きなのをどれか数冊買えばいいでしょう。

女性モデルの肉付きが若干よすぎるが、日本製の写真集よりポーズと照明と写真が格段によい。
 
Art Models 2





絵の練習用写真集。お手頃値段で書店に並んでいる本の中では比較的ましなほう。
 



このシリーズの写真はふだん見られない角度でおもしろいです。
 
人間の顔をいろいろな方向から撮ってカタログにした写真集。絵の勉強をするのに便利ですよ。
写真もきれいですし、数が多いので、使い出があります。おすすめ。
 
子供のキャラクター参考jにいいです。
 
映像の構図として、基本的な考え方の勉強におすすめ。説明もわかりやすいです。

 アニーターのための教養講座
ディジタル映像表現
CGによるアニメーション制作




アニメーターがCGの基本的な考え方を学ぶのにおすすめ。内容はむずかしくなく、カラー図版満載でおもしろいです。おすすめ。
映像の基礎は新人アニメーターにも役立ちます。    サンプルページはこちら
 
社会人のための
基本のビジネスマナー




アニメーターといえども仕事ですから、この本に書いてあるていどのビジネスマナーは知識として頭に入れておきましょう。全編図解でわかりやすく簡単な本です。新人教育係は、新人にテキストとして買ってもらいましょう。
 
鑑賞のための西洋美術史入門



最低限の美術史や様式を知っていないと作品の製作、企画で話が通じないことがあります。この本は時代背景もふくめ、全体がとてもわかりやすく書かれています。オールカラー、写真豊富で読み物としても秀逸。
アニメーションの原型がたくさん紹介されています。
 
アニメーションの世界へようこそ―カラー版 (岩波ジュニア新書)



 



技法書ではなく研究用ですね。
あとで読む本リストに置いておきます。

 その他

The Animation Book
CommentsAdd Star

amazonで売っていないがほしい本
 

Human Form in Action and Repose
 Phil Brodatz(著)
 Dori Watson(著)

絶版だがほしい本。
おそらく最高のクロッキー用写真集

 


 

 



 


 















































 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 




inserted by FC2 system