デジタル作画 機材一式


デジタル作画に必要なもの 

デジタル作画を始めるとき必要なものは、以下の4点です。

(1)液晶ペンタブレット
(2) CLIP STUDIO PAINT EX (ソフトウェア)
(3)参考書、またはマニュアル本
(4)その作品の「デジタル作画 仕様書」←これ大事(^_^)
     
液晶ペンタブレット 

ワコム 液晶ペンタブレット 21.5インチ
タッチ機能搭載 Cintiq 22HD touch
【新型番】2015年1月モデル DTH-2200/K1
 
 
     
サイズ
デジタル作画がメインなら、上のように20インチ以上の大きさのほうが、描きやすいです。
よく制作会社に置いてあるのがこれくらいか、もっと大きなサイズの液タブですね。

動画用紙がA4なので、おなじくらいの作業領域があると感覚的にも描きやすいと思います。
ただ、この大きさになると8.5キロとめっちゃ重いうえ、図体が大きくて基本、据え置きで使うしかありません。

仕事では通常、PCのモニタも併用しますから、会社か、家に専用机が置ける人向きになりますね。
キーボードも併用すると思うので、その場所も必要。

機能
タッチ機能のあるタイプをおすすめします。
右手で(左利きの人は逆)ペンを持ちながら、左手でスマホのように拡大縮小、回転ができるタイプにしてください。
これ、かなり重要で、タッチ機能がないとかなりめんどうです。

メーカー
上のはワコムです。日本人なら買ってすぐ誰でも使えます。でも、もしPCスキルに自信があるなら海外の製品を買うと非常に安く大型の液タブが買えます。機能的には問題ありません。


←20インチは液晶部分自体の大きさはかなり広いのですが、そこにツールボックスや、レイヤー、タイムラインなどを表示して使うため、じっさいの作業スペースはかなり狭くなります。
(旭プロのデジタル作画より)


ワコム Windows10搭載
液晶ペンタブレット Wacom MobileStudio
Pro16 Core i7/メモリ16GB/512GB
SSD/15.6インチ 4K DTH-W1620H/K0
  個人で買う場合は、あまり大型のものはじゃまになると思うので、この15.6インチをおすすめします。
これくらいあれば、なんとかなります。

こういった液タブはWindows搭載なので、PCがなくてもこれだけで使えます。ノートパソコンみたいなものですね。
小さい絵を描くときなら、液タブだけその辺に持って行って描けます。


ワコム Windows10搭載
液晶ペンタブレット Wacom MobileStudio
Pro13 Core i7/メモリ16GB/512GB
SSD/13.3インチ DTH-W1320H/K0
  この13インチを使っている人もいます。

絵は拡大できるのですが、ツールのアイコンは拡大できないので、目のよい人向きです(^^;)

CLIP STUDIO PAINT EX (ソフトウェア) 


セルシス CLIP STUDIO PAINT EX
  個人でデジタル作画を導入するならこれ一択です。
 
   
参考書  マニュアル本 
     
  CLIP STUDIO PAINT EX 公式リファレンスブック

  神風式 アニメーションの作りかた デジタル作画編
     
     
























































inserted by FC2 system