ストップウォッチ

 
 

デジタルを使っている人が多いと思います。

針のあるアナログタイプだと30秒計が主流ですね。60秒計はちょっと見づらい。

アニメーターがアナログタイプのストップウォッチを使い続ける理由は1秒の半分、3分の1、4分の1(12コマ、8コマ、6コマ)というのが針の位置で視覚的にとらえられるからと、針の進みを見ながら動きの速さをイメージしやすいからです。

とはいえデジタルも使い慣れると「0秒37=ほぼ9コマ!」とコマ数に即座に脳内変換できるようになりますから、デジタルで充分だと思います。
ただし、必ず 積算計=スプリットタイム計測可能タイプ を購入すること。


写真の「一流メーカー品」というのはセイコーですが、現在これは製造されていません。

アニメーターの使い方というのはメーカーの想像を絶する異常な頻度でカチカチ計っているらしく、たまに金属疲労で針が折れて修理に出すと「どういう使い方すれば針が折れるんですか(;゜д゜)!」と言われます。
いつまで針の在庫があるかとてもとても心配です。

デジタルは1000円ていどのものからあります。アナログは25,000円くらいです。
インターネット通販で中国製やロシア製のストップウォッチが1万円以下で売られていますが、これはやめておきましょう。

アナログを新しく買うなら下の通販リンクにあるドイツ製をおすすめします。これでなくてもいいですが(とはいえ現在ほかにない)なるべく「30秒計」で必ず「積算式」を買うことです。積算式ではない「普通式」は使い勝手がよくないです。

30秒計かどうかは「15分計」「30分計」という説明書きで判断するのではなく、文字盤をよく見て一周の「目盛が30」(一周30秒)であることで判断しましょう。60秒計(一周60秒)はアニメーターには使いづらいです。


 
2017年1月現在 アナログ・ストップウォッチを買うならこれ一択です
   

HANHARTアナログストップウォッチ1/10秒15分計積算式7石   \24,300

現在、国産の積算30秒計はすでに生産終了。残るはドイツ製のこれしかありません。「積算30秒計」というのが非常に重要です。

アナログ・ストップウォッチを買うならこれを買ってください。


6秒計   
一覧写真の下側にある「6秒計」というのはスタジオ・ジブリ注文生産品です。

←拡大写真。

6秒と1秒のあいだにある数字はそれぞれ6コマ、12コマ、18コマです。
1秒が24(コマ)分割されているわけです。 

この6秒計はもう追加生産することができません。部品を集められなかったのです。


























































inserted by FC2 system